深大寺界隈の植物図鑑
関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの楽書き帳| m-tezukaの写真館| 富士山撮影記|

[ Tags :: 深大寺城跡 ]

コメツブツメクサ

120529
撮影日:2012年5月19日
120529a
撮影日:2012年5月19日
 深大寺城跡の広場にコメツブツメクサが咲いていた。米粒ほど小さいのでだれも見向きもしない。この写真を撮った時には名前を知らなかったのであまり良い写真がない。名前を知って再度撮影に訪れた時にはきれいに刈り取られていた。
米粒詰草
マメ科 シャジクソウ属
特徴:地面を這う。
撮影地:


 

— 記述 m-tezuka at 03:28 pm  

オオイヌノフグリ

100318
撮影日:2010年3月18日
100318a
撮影日:2010年3月18日
 深大寺城跡の芝生広場の北側日当たりの良いベンチの前にオオイヌノフグリが咲いている。花は小さいが沢山集まって咲いているのできれいである。
 花をよくみると単色ではなく、青い花びらと白い花びらがあり、青い中に濃い青いすじがある。こんな可憐な花にどうして大犬の陰嚢などという下品な名前を付けたんだろう。
大犬の陰嚢
ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
撮影地:


 

— 記述 m-tezuka at 07:54 pm   pingトラックバック [0]

フヨウの実

091226
撮影日:2009年12月26日
091226a
撮影日:2009年12月26日
 深大寺城跡の北側、日溜りのベンチの前にフヨウの木があり今は実が一杯ついている。その実は既に弾けて半分以上は種が飛びだしている。そんな実を逆光で撮影するとなかなかフォトジェニックである。
 そんな木の枝を切り取り始めている。来年も良い花をつけさせるためだろうか。
芙蓉
アオイ科 フヨウ属
撮影地:


 

— 記述 m-tezuka at 08:01 pm   pingトラックバック [0]

ヒメジョオン

080704
撮影日:2008年7月4日
080704a
撮影日:2008年7月4日
 深大寺城跡の雑木林の入口にヒメジョオンが群れて咲いている。キク科の花らしく端正な花である。
 今の季節にはどこでも見かける花であるが、ハルジョオンとの区別は難しい。春から咲いているのがハルジョオンでこれから咲くのがヒメジョオンである。
 蕾が垂れているのがハルジョオンだとのことであるが、これも垂れていた。決め手は茎の中が空洞か詰まっているかであり、詰まっていたのでヒメジョオンである。
キク科 ムカシヨモギ属
特徴:茎が中空でなく詰まっている。
撮影地:


 

— 記述 m-tezuka at 04:39 pm   pingトラックバック [0]

ガクアジサイ

080624
撮影日:2008年6月24日
080624c
撮影日:2008年6月24日
 深大寺城跡の雑木林の中にアジサイが咲いている。ここは白色系のガクアジサイが多いが、青いガクアジサイもちらほらとある。
 外側の花のように見えるのは本当の花でなく、装飾花である。中の小さいのが花で雄しべや雌しべがある。しかしよく見ると装飾花の中にも雄しべがあるものがある。
アジサイ科(ユキノシタ科) アジサイ属
撮影地:



 

— 記述 m-tezuka at 10:10 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
T:050 Y:067 Total:326925 Online:01
旧深大寺界隈の植物図鑑
m-tezukaのホームページ